ZEH住宅(ゼロエネルギーハウス)のメリット・デメリット

ZEHのメリット・デメリット

最近、ZEH住宅、ゼロエネルギー住宅が広く知られるようになりました。ZEH住宅はSIIから補助金ももらえますので、その補助金を目当てに住宅を建てようとしている人も多いですね。
ただ、実際に住んでいる人によればとても便利である反面、いくつかの制限を受けてしまうそうです。今回は、その制限についていくつかを紹介したいと思います。

 

ZEH住宅とは?

ZEH住宅とは「Net Zero Energy House」の略で、住宅の断熱性能や省エネ性能を普通の者よりも格段に挙げて、太陽光発電に代表される自然エネルギーによって、年間の一意地消費エネルギーの収支をプラスマイナスゼロにする住宅です。

 

つまりは、空調であったり、照明であったり、空調や換気などに消費されるエネルギーをその住宅だけで賄ってしまおう、というかなりエコな住宅のことです。
ただし、このZEH住宅の定義と、ZEH住宅を建てることによって得ることのできる条件とは多少の違いがあります。ですので、純粋にZEH住宅を建てようとして、その定義に沿った住宅を建ててしまうと、補助金を受給できないこともあるのです。

 

逆に言えば、補助金を受給するためには、その条件をじっくりと見て、共感できるのであれば、補助金受給に向けて頑張った方がいいでしょう。正直なところ、こちらの住宅を建てるのには結構お金がかかりますので、補助金の存在は一般家庭にとってはかなりありがたい物だと言えます。
では、まずはそのZEH住宅の条件についてを見ていき、次にその条件によって何が制約されてしまうのかを挙げていきたいと思います。ただ、こちらはかなりの初心者向けですので、十分に知っている方は、制限されることだけを見ても構いませんよ。

 

ZEHの前提条件

まず、ZEH住宅の前提条件です。主に大前提として「SIIが認定するZEHビルダー登録の会社で建てること」が規定されました。
つまりは特定の会社に住宅を建ててもらう必要があり、それ以外だと例え以下に述べる最低条件を満たしていたとしても、ZEH住宅としては認定されないということになります。ただ、現時点での規定ですので、もしかしたら将来的には撤廃される可能性もあります。

 

・最低条件として押さえておくべきこと
そして、次は最低条件です。こちらはたったの二つです。
まずは、太陽光パネルなどを乗せる必要があることです。二つ目はSIIの基準値以上の気密性のある住宅にして、外部からの熱や寒さの影響を受けにくくすることです。
これらを導入しつつ、断熱材の補強や高精度の換気システム、LED照明や高機能エアコンなどを付け、ZEH住宅の数値で定められている条件にする必要があります。

 

なお、ZEH住宅の補助金は上限が決まっており、ある程度の人数にしか受給されません。そのため、応募を行い、多数の応募者がいればその中から審査して、数値などが上位の人から採用されることになります。
では、次にそれぞれの条件に関わることを見ていきましょう。

 

・太陽光発電システム
一次エネルギー消費をゼロにするために、自家発電が必要になります。自家発電は太陽光発電以外のシステムもありますが、一般家庭向けであれば太陽光発電でも十分ですし、設置に必要な金額がさらに増えてしまいます。
なお、売電を行う場合は余剰買取方式にのみ限り、10kW以上が必要になります。なお、自家発電を行うだけでは一次エネルギーをカバーすることができないので、なるべく電気を使わない生活を目指す必要もあります。

 

・気密性の高い住宅になる
気密性を高くするのは、外気の影響を受けないようにするためですが、そのためには高機能なフレームや、樹脂を用いているサッシ、三重窓を使用したりもします。
しかし、他の住宅と最も大きな違いとして、窓が小さな家になりがちになってしまいます。実は気密性を高めるために、その窓やドアの開口部に制限が駆けられてしまうのです。熱が逃げやすい場所だからですね。
なので、大きな窓にしたいと言う方にとってはかなり不利になることでしょう。密閉性を保ち、気密性を高めるためにも、ZEH公認の一定の大きさ以上の窓などは使えません。
また、気密性を保つためのZEHに認定されている計算式というのがあるのですが、こちらは住宅メーカーや工務店がやってくれます。しかし、無料とは限らず、その計算を行うための料金を上乗せする場合もありますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。また、小規模の工務店などでは行えないこともあります。それほど大変な計算式だと思っておいてください。

 

・つまりは何が制限されるの?
要するに、制限されることは大きく分けて四つです。
まず、窓やドアのサイズが制限されること。太陽光パネルなどの設備投資が必須となること。売電を行う場合には全量買い取り方式が認められないこと。普通の家には無い、電力発電のための計測器や機器が家の内外に設置しなければならないこと、です。概ね発電に関わる制限になりますね。

 

窓やドアを大きくしたいのならば……

ある程度の上限は存在しますが、窓やドアを大きくできないという訳ではありません。そのためには、もともと気密性に優れている住宅を建てている住宅メーカーを探すことです。
そちらに依頼をすれば、ZEH住宅認定の計算にも有利になります。

 

特にそれらは、木造に強いメーカーが多く該当し、一例として挙げるとSWEDENHOUSEや一条工務店、日本ハウスやiCubeが該当します。
ただ、大きな窓はかなり不利になるので、北向きの窓を無くしたり、採光のみで開かない窓を用意する、などの努力が必要になります。

 

窓の数を増やすとなると、ZEHに向いているメーカーを探すのもかなり難しくなりますし、流行の大きなドアなども不向きなので取り入れるのもかなり難しくなります。
また、ドアに関しては、一間のドアと一間半のドアとでは数値が違うようです。ただ、ドアの形などはかなりオシャレなものにすることができるようですので、こだわりがあったとしても、安心して利用することができるかと思います。

 

太陽光パネルに関して

一般住宅では太陽光発電をするしかありませんので、屋根などに太陽光パネルを乗せ、太陽光発電のシステムを整える必要があります。
住宅メーカーでこれらをセットで設置すると、住宅ローンに組み込むことはできますが、太陽光発電のシステムだけを扱っているような会社に頼むと、住宅ローンに組み込むのは難しくなるでしょう。一緒に組むことはできたとしても、手続きなどが面倒になり、時間もかかるのであまりおすすめではありません。
一条工務店では、20年間の発電した分を自社、もしくはグループ会社が必ず買い取るサービスが用意されており、パナホームや大和ハウスなどは太陽光パネルの割引キャンペーンを行っていることもありますので、それらを調べながら、自身がベストだと思う会社を見つけるとお得に利用することができるでしょう。
正直なところ、太陽光発電システムを導入するのには一番お金がかかる上に、必須となりますので、しっかりと考えるようにした方がいいと言えますね。

 

・売電は余剰買取のみ
なお、上述の通り太陽光発電の買取制度は余剰買取しか認められていないので気を付けましょう。

 

・計測器や機器が増えてしまう
計測器や機器に関しては、エコキュートや蓄電池、太陽光発電を管理する分電盤などなど意外とたくさんあります。
また、一つの機器がエラーを吐き出すようになると、説明書を見たとしても自分自身で解決をするのは難しいです。特に、年配の方がそちらの住宅で暮らすのであれば、かなりの注意が必要ですね。メーカーに電話をして直してもらうのはほぼ確実に必須となるでしょう。
なお、住宅メーカーでは対処ができないこともあります。住宅メーカーにとってはあくまでも家の設計だけが専門で、電気に関することは電気工事屋に丸投げしていることも会多々あります。
なお、住宅の中にこれらのものがたくさん入ってきます。中には寸法などを全く確認しないこともあるようで、生活区域にまでそれらが出てくることもあります。いくつかの部屋は使えなくなってしまう、ということは覚悟をしておいた方がいいでしょう。
できれば、住宅カタログなどである程度目星を付けた上で、展示場で自身も確認しておくといいかもしれませんね。

 

ある程度は折り合いをつけることは避けられない

結局のところ、自身の住みたいような大きなドアや、開放感のある窓が欲しくとも、ある程度までは許可されますが、許可されずに制限されることはよくあります。なので、自分自身の望むマイホームはZEH住宅で作るのは難しいといえるでしょう。ただ、ある程度は譲れないことなどを書き出しておいて、きちんと交渉をした上で住宅を決定しないと、後々後悔することにもなりかねませんので、お気を付け下さい。
また、おしゃれな住宅を造りたいのであれば、ZEHに有利なメーカーではなく、おしゃれなメーカーへ依頼をして、無理やりZEHにしてもらうという手段もあります。ただ、こちらだとかなり作業が大変になるかもしれません。
もしも、ZEH住宅を建てるのであれば、デザインを重視するのか、金額を重視するのか、性能を重視するのか、などなどの個人的な基準をしっかりと考えておいてから、決めるように心掛けましょう。

 

資料請求のおすすめサイト

持ち家計画は、積水ハウスやパナホーム、すぇーでんはすなどの大手から地域密着の工務店などのカタログが請求可能です。
タウンライフではダイワハウスやアキュラホーム、アイフルホームなどの請求ができる上に、間取りや注文住宅の費用、土地探しまでの比較もできるようになっています。
どちらかと言えばタウンライフの方が入力も簡易なもので、利便性も高いので、急いでいる際の時間短縮が可能になります。
また、補助金も来年度以降確実に受けられる、と言う訳でもないのでZEH住宅を建てたい、と思ったのならば、できるだけ早く行動に起こした方がいいでしょう。

更新履歴