SIIのZEH住宅で補助金をもらうために知っておく条件

SIIのZEH住宅で補助金をもらうために知っておく条件

SIIのZEH、ゼロエネルギー住宅を建てると、国の補助金を得られます。ZEHとは、国の補助金事業、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業のことで、それに則って作られるエコな住宅のことをZEH住宅と呼びます。
ただ、誰でもこの補助金を受けられると言う訳ではなく、補助金を受けるためにある程度の条件を満たしておく必要がありますので、今回はその条件についてを簡単に紹介したいと思います。

 

●最も大切な事
まず最初に、一番大切なこととして、「ZEH住宅の補助金は、SIIが認定するZEH仕様ではないと出ない」ということを知っておいてください。
細かい内容はまた後程挙げて行きますが、SIIの認定する仕様と条件に合致すれば補助金を貰えると言う制度になっています。
また、2016年度からはZEHビルダー制度、というZEHビルダーに登録をしている会社でZEH仕様の住宅を建てると、津補助金が出るようになりました。
なお、ZEHビルダーは、注文住宅と販売住宅と建築改修に区分されています。もしも、ZEHの注文住宅を建てたいのであれば、ZEHビルダーで注文住宅の会社として登録してある会社で、住宅を建てる必要があります。

 

・SIIって何?
こればで、SIIが認定する、などと出てきましたが、このSIIとは一体何なのでしょうか。
こちらは、一般社団法人環境共創イニシアチブのことで、英訳の頭文字を取った名称です。
こちらでは環境、エネルギー誓約及び経済的社会環境の変化から課題解決へ向けて、オープン・イノベーションなどを持って、技術革新と市場創出を主導することを目的とし、その実現のための事業を行っています。
そのような団体がここで関係があるのは、ZEHの補助金はこの団体が国からお金をもらい、書類などを審査したのちに補助金を出す、という制度になっているからです。
ここではお金を出してくれる団体で、お金に関わる手続きの際に必要となる団体だと思っているだけで十分です。

 

・必ず確認をすることを忘れない
この制度が取られてからは、まだまだそんなに時間が経っていません。特にZEH住宅は最近こそ普及し始めていますが、日本全国に知れ渡っているというわけでもありません。
そのために、費用対策もまだまだ十分に行われておらず、国からは補助金を出すことしかできていません。
また、住宅を建てる際には必ずハウスメーカーに「SIIが認定するZEH仕様での注文住宅の実績があるか」ということを確認しておきましょう。
先ほども述べた通り、まだまだ日が経っていないものですから、一部のハウスメーカーではまだまだノウハウなどが蓄積されていません。
逆に言えば、ノウハウのあるハウスメーカーもあり、そちらで住宅を建てた方が手間も時間もそこまでかかりませんし、自身が希望するデザインでもZEH仕様の住宅を建てることができるようになるでしょう。
なお、ハウスメーカーによってはデザイン変更ごとに設計費用が発生する可能性もありますので、そちらも十分に確認をしておきましょう。意外と多い事ですが、営業トークなどでこちらにそこそこ損になるような提案をするメーカーもありますので、自分自身でもしっかりと知識を仕入れておくのは大切な事なのです。

 

●ZEH申請をしてもらうことができる補助金について
2015年までは、このZEHの申請による補助金と一緒に、省エネ住宅ポイントによる援助金を受けられませんでした。現在は省エネポイント自体が終了しているので、関係のないことですが、一部の補助金はZEHの補助金と併用することができません。
併用が可能なのは、財源が国庫でないものに限ります。
例えば、民生用燃料電池導入支援補助金、通称エネファームが受けられる補助金ですね。あとはリチウムイオン蓄電池の補助金です。エネファームは最大で22万円、蓄電池は最大で50万円です。
なお、地方自治体では太陽光発電システムやエネファームの補助金事業を行っているところもありますので、これらも財源が国庫でなければ、併用で申請することもできます。少し、金額は少ないのですが、無いよりはましです。
また、これらの援助金は特に、ハウスメーカーの担当者などが知らないということが良くありますので、自分自身でもしっかりと調べておくことをおすすめします。
なお、地方自治体の補助金の中には財源が国庫である場合もありますので、補助を受けられるかどうかは地方自治体の補助金窓口でしっかりと確認をしておきましょう

 

●ZEH事業のそもそもの趣旨は?
そもそもの、ZEHの趣旨は、2020年までに新築住宅の平均でのZEH、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの実現を目指しています。
そのために、高断熱外皮、高性能設備と制御機構など、斎エネルギーの組み合わせなどで、住宅の一年間の一次エネルギー消費量を正味でゼロとなる住宅を建築、購入、改修をするものへの補助金を交付するのです。
要するに、エネルギーを削減しながら、住宅で電気を作り、それだけを消費するような住宅を増やそう、ということですね。

 

●ZEHの対象者について
ZEHは、全ての住宅を持つ人たちが対象、になるわけがありませんね。あくまでも希望する人が負担をするものですから、新築住宅や新築建売住宅の購入予定者や、既存住宅の所有者でZEH仕様に改修予定者のみが対象となります。
また、ZEH住宅は希望者すべてが入手できるものではありません。申請をするにはいくつかの条件があります。
列挙すると、申請者が常時居住する住宅であること。専用住宅であること。既築の場合は新生児の申請者自身が所有しているもの。新築建売住宅の場合は建売住宅の購入予定者が申請者であること、です。なお、賃貸住宅や集合住宅はそれらの一部に自宅部分があれば、その部分のみに限り申請が可能になっています。

 

●ZEHの補助金額はどのくらいか
2016年度の補助金は、全国一律で定額125万円となっています。なお、北海道のみ条件を満たせば定額が150万円、Nearly ZEH住宅の場合でも定額が125万円となっています。
補助を受けられるのは、ZEH住宅を新築する場合、新築建売住宅を購入する場合、改修する場合にのみです。

 

●ZEHの実務的なことで大切な事
実務的なことで大切な期限などを挙げていきましょう。
まずは、一度も登記されて事のない住宅であること。交付蹴って微意事項に本事業に着手をすること。補助対象施設等は新品を採用すること。新築建売住宅の申請者は事業完了日までに、住宅の引き渡しを受けて所有すること。さいごに、1つの物件に対して1件の申請のみ、です。

 

●ZEHの補助金を交付してもらうための条件
では次に、肝心の補助金交付の条件についてを紹介したいと思います。全部で九つあります。
まずは、一定の断熱性能を満たしていることです。こちらは地域区分で定められた強化外皮基準によって判定されます。
二つ目は、設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを除いて、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されている事です。この際のエネルギーの計算は、空調、歓喜、照明、給湯の消費量に限定されます。そのためにも、高性能な機器がたくさん必要になるんですね。
三つ目は設計エネルギー消費量が、再生エネルギーを加えて、基準エネルギー消費量から100%以上削減されることです。
四つ目が、導入する設備が一定の要件を満たすことです。
五つ目が既築を回収する場合には導入必要項目を原則全て新たに導入することです。かなりの設備が入れ替えられることになりますね。
六つ目が要件を満たすエネルギー測定装置を導入することです。エネルギー測定装置が必要になるので、少しだけ部屋のスペースが無くなってしまいますね。
七つ目が定期的なエネルギー使用状況の報告が可能な事です。
八つ目が、太陽光発電システムなどの、再生可能エネルギーを導入することです。なお、10kW以上でも構わないのですが、売電を行う場合には余剰買取方式のみに限られます。
そして、最後が最も重要でSIIに登録されたZEHビルダーが設計建築、または販売する住宅であることです。それ以外で建築した場合には補助金を受けられないので注意しましょう。

 

●Nearly ZEHの補助金交付の条件
なお、北海道の一部の地域では、Nearly ZEHの補助金を受けられます。こちらはZEHの補助金交付要件を満たして、UA地が0.25%以下の寒冷地特別外皮強化仕様であり、設計一時エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを加えて、基準一時エネルギー消費量から75%以上削減されていることが条件となります。

 

●ZEH住宅の依頼をするおすすめのメーカー
上述の通りZEHビルダーに登録しているメーカーでしか、ZEH住宅を建てることはできませんが、かなりたくさんのメーカーがあります。
これまでにZEH住宅を建てた人の中には、あまりメーカーそれぞれの特色などを知らなかったので、今現在後悔している人もいるようです。特にデザイン面などでは妥協をする部分も多いので、ZEH住宅を依頼するメーカー選びの際にはいろいろと比較をした上で決めた方がいいと言えるでしょう。

 

・セキスイハイムと一条工務店がおすすめ
なお、中でもオススメなのはセキスイハイムです。こちらは値段は少し高くなりますが、かなりデザインなどは凝っているようです。
また、一条工務店もおすすめです。オシャレなショールームなどもありますし、独自のローンもありますので、かなり利用し易いと言えます。
なお、この2社以外にも様々なハウスメーカーがあります。それらを含めて、必ず資料請求を行いましょう。資料請求ならば、金銭的にもかなり安く、様々なタイプのハウスメーカーを比較することができます。
資料請求の際には、持ち家計画などの一括資料請求サイトを活用するのがおすすめです。土地などで探すと、非常に時間もかかりますし、特に時間が無いのであれば急ぎ足で様々な土地を回るために、かなり大変な手間もかかります。
それに比べて、カタログは郵送してもらえるので、それらを見てじっくりと決めるといいでしょう。
ただし、住宅を完成させる時期が明確に決められており、それに間に合わないと補助金ももらえませんので、ゆっくりしすぎないようには注意しましょう。

 

●まとめ
いかがだったでしょうか。まだまだ制度自体に歴史が無いので、今後制度が変わる可能性もあります。特に条件や補助金の金額は変動し易いものです。良くなることもあるかもしれませんが、悪くなる可能性も無いわけではありません。
なので、ZEH住宅に住むことを考えているのであれば、できるだけ早く資料請求などを行って、準備をした方がいいでしょう。特に今年度中に建てたいというのであれば、SIIのホームページなどを見て、申込みの締切などをしっかりとチェックして、予定を立てておくことをおすすめします。